ズバリ!お見合いは家柄や経歴が重要ですか?

お見合いの実態について

お見合いの実態は、自分で選ぶことがしやすい環境が整っています。それをサポートするために仲介業者が多数存在しており、サポートする方法が様々です。自分でインターネットを通して相手を選んだり、仲人のような人が仲介をしてくれたり、店舗で相談や検索ソフトを使ったりと様々です。経歴や家柄が重要な人もいれば、趣味や出身地など様々な観点で選ぶことができます。経歴や家柄を重視しても、お見合いの後はデート機関などお互いを知り合う期間がしっかりと設定されていますので、最終的にマッチングが悪いケースも実在します。
昔のように、親がお見合いの話を持ってきて双方で進める以外に、本人主体でお見合いすることが一般化しています。

お見合いの家柄や経歴での失敗例

お見合いを家柄や経歴重視で短期間で成婚に移ろうとした場合、失敗例があります。それは、相手の真相や人柄を棚上げにした結果、失敗する傾向があります。
まずは、両親の同意が得られないことです。家柄がいいということは両親の判断も大きく結果に左右されます。本人同士がよくても反対されてうまくいかなかったり大きな障害となるケースがあります。
つぎに、家柄がよくても実態が伴っていないケースです。例えば、社長といっても負債を抱えていて経営が安定しておらず、私生活にも悪影響を与えており、それを不満に思いながら付き合っていかなければならないケースです。
最後に、人柄です。家柄がよくて裕福でも幸せな家庭を築く素養がないとストレスになります。家事に貢献しなかったり、お金の使い方が荒かったりなどです。

© Copyright Couple Dress. All Rights Reserved.